MENU

バルクオムは怪しくない!怪しくて胡散臭い・詐欺だと検索される理由や過去の炎上

2020 5/25
バルクオムは怪しくない!怪しくて胡散臭い・詐欺だと検索される理由や過去の炎上

バルクオム(BULK HOMME)というブランドについて怪しい・胡散臭い・詐欺というキーワード検索がなぜあるのか気になっている方向けに、メンズスキンケアブランドであるバルクオム(BULK HOMME)について、怪しい・胡散臭い。詐欺と検索される理由、過去の炎上騒動の理由は何かについて、下記3項目に分けて分かりやすく解説していきます。

  • バルクオムが怪しい・胡散臭い・詐欺と検索される理由
  • バルクオムが過去炎上した理由
  • バルクオムは怪しくない理由

ぜひ最後まで読んでいただき、バルクオム(BULK HOMME)が検索されているような怪しい・胡散臭い企業ではないという意見について参考にして頂けたら幸いです。

バルクオムでメンズコスメを始めよう
BULK HOMME

目次

バルクオムが怪しい・胡散臭い・詐欺と検索される理由

バルクオムはメンズスキンケアブランドとしての地位を確立し始めていますが、バルクオムを検索すると【怪しい・胡散臭い・詐欺】というキーワードが出てきます。

なぜ【怪しい・胡散臭い・詐欺】と検索されるかについて調べてみたところ、主な理由は下記2つの要因によるところと考えられる事がわかりました。

  1. 販売方法
  2. ネットにある口コミ

なぜ上記の要因が挙げられるのかについて、それぞれについて解説していきます。

怪しさ要因①:販売方法

最初バルクオムのお試しができるスターターキットを注文すると、なんと500円でお試しができるのですが、そのコースを選んでしまうと自動的に4回分の定期購入コースに入るという内容になっています。

また、500円でお試しという広告が目立ちすぎるあまり、2回目をキャンセルしたくてもキャンセル料金が3000円とそれなりの価格に設定してある点や、2回目は定価の10%オフの4500円で購入できるのでまだお得なのですが、最初に見た500円からのギャップは大きい点などが詐欺や胡散臭さの印象を強めてしまうようです。

本来、もともとの定価でバルクオムの商品セットを2回買うと1万以上かかってしまうので、2回分をトータル5000円で購入できるということはとてもメリットがあるのですが、こういった注文方法があるため、バルクオムのイメージを傷つけてしまっています。

怪しさ要因②:悪意のある口コミ

Amazonなどのレビューを読むと、基本的に高評価を受けているものの、上記販売方法等について疑問を感じてるアンチの方より、バルクオムは詐欺であるといったネガティブな口コミが存在し、それがバルクオムの胡散臭いというイメージを植え付けてしまっているのです。

これは根拠のないものもあるため、すべてを真に受ける必要がないのですが、それでも印象が悪くなることは避けられていませんし、化粧品メーカーとしては小規模な企業のため、それを打ち消すだけの戦略が取れないというのも事実と言えます。

上記二つの要因により、バルクオムは怪しく胡散臭いというイメージを与えてしまっているのです。

バルクオムが過去炎上した理由

バルクオムと検索をすると、【バルクオム 炎上】という検索予測キーワードが出て来るときがあるのですが、過去にバルクオムでは炎上騒動と言われる事が起きています

それは、それは特に商品が粗悪であるという原因ではなく、2014年というかなり前にバルクオム創業者である野口社長がご自身が運営されるブログで不用意な発言をしてしまったことで、作家やそのファンから大バッシングを受けてしまったという内容です。

その内容とは、野口卓也社長が2014年7月14日にアップした自身のブログで下記発言をしたことに端を発します。

「出版社に勤める編集という仕事の人間は、相手がどんなに大御所でも、必ずまれに「意味もないボツ」を出します。一方的に図に乗せないためです。

また、このブログ記事のタイトルにある【編集者のように生きられますか?コンテンツを殺す唯一の方法】という一節が独り歩きしてしまい、FacebookやTwitterにてかなり話題なってしまいました。

この発言に対し、人気漫画の原作者として知られる樹林伸先生から

「無意味なボツなどださない」

という反論が出たほか、プロの作家の方々から

「マンガ業界を知ってる感、上から目線感、言い切り感に激しい嫌悪感。」

「作家に不信感を植え付けるだけだと思います。」

という多数の意見が出ました。

事態を収拾するために野口社長はSNSにおいてあらゆる発信をしていたものの

「この人が作った美容関係の会社のものは信用ならないから買わない、使わない、行かない」

という意見まで飛び出し、野口社長のプチ炎上を活かしたプロモーション的な行動は逆に多くの反感を買ってしまう結果となりました。

上記の炎上騒ぎの後は、バルクオムは元々あった商品力地道に信用を回復させるように努めた結果、ブランドイメージを回復させるに至っています。

バルクオムは怪しくない理由

今までバルクオムが怪しい・胡散臭い・詐欺と言われる理由や、過去の炎上騒ぎについて解説をしていきましたが、結論してはバルクオム製品は決して怪しくありませんし、詐欺でもありません。

その理由は、怪しいと言われたり胡散臭いと言われるのは商品そのものではなく販売手法等についての感想やコメントであり、実際にバルクオムの製品群で使用されている成分ではしっかりとした効果が期待できるからです。

実際にバルクオム製品に使われている一部成分をご紹介しますが、見てみると下記効果が期待できます。

このように効果的と言われる成分を多数配合していることや、通販だけでなく百貨店やロフトなどの小売店でも幅広く販売されていて手に入れられるという点から、ただ通販だけでしか販売をしていない企業に比べると怪しさは全くないと言えると思います。

まとめ:バルクオムを怪しむ前に正しく製品を知ろう

本記事をまとめると以下の通りです。

  • バルクオムは怪しまれる理由は、販売手法と悪意ある口コミ
  • バルクオムの炎上騒動は製品の事ではなく、創業者のブログ上の発言が炎上しただけ
  • バルクオム製品の成分や取り扱い店をみれば怪しさはない 

バルクオム製品について深く知っていただいて、興味を持たれたかたはぜひメンズコスメのひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

バルクオムでメンズコスメを始めよう

BULK HOMME
目次
閉じる